バストアップを達成するための理想的な食生活とは

女性のバストは、9割の脂肪と1割の乳腺でできています。バストアップを目指すなら、食生活を改善して、脂肪と乳腺の発達を促すことから始めてみましょう。そのために必要な栄養素を、効果的に摂取する方法を知りたいとは思いませんか?これを読んで、バストを育てる一品を食卓に並べるヒントにしてみてください。

高タンパク食材はバストアップの素!

健康的で美しいバストを育てたいなら、真っ先に摂取しておきたい栄養素がタンパク質です。人間の身体を構成するために不可欠な栄養素なので、タンパク質なしでは、筋肉も皮膚もつくることはできません。エクササイズなどで、大胸筋を育ててバストアップしようにも、素となる栄養がなければ難しいのです。

また、タンパク質には、女性ホルモンの分泌を促す作用もあります。バストの構成要素の一つである乳腺は、女性ホルモンによって発達します。分泌量が増えれば、バストアップに繋がるのです。

タンパク質が豊富に含まれている食材は、肉類ですが、脂質の量が気になる人もいます。摂取カロリーを抑えたい場合は、肉の部位を厳選するようにしましょう。鶏肉は、皮を取り除いたむね肉が、高タンパクで低脂肪です。牛肉や豚肉は、赤身の多い、もも肉がおすすめです。上手に高タンパクの食材を選んで、バストアップの素としてください。

ビタミンとミネラルも美乳の素!

上手にタンパク質を摂取したら、次に気をつけたいのが、ミネラルやビタミン類の摂取です。バストアップに成功しても、この二つの栄養素がなければ、美しく維持することは難しいからです。

ボリュームがあっても、潤い不足でたるんだ胸では、美乳とは言えません。肌の新陳代謝を活発にし、ハリをよみがえらせるビタミンAは、忘れずに摂取しておきたいものです。乳製品や緑黄色野菜、レバー類といった食材を選んでみましょう。魚では、ウナギがおすすめです。

ミネラル類は、タンパク質を合成し、新しい細胞の生成を促す働きをします。美しいバストを形成するためには、ミネラルが豊富な食材も必要です。牛肉やレバー、牡蠣などの貝類などを選ぶと良いでしょう。

また、亜鉛や鉄分といったミネラル類は、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率が高まります。バストアップをした後は、ビタミンとミネラル類を豊富に含んだ食材で上手に摂取して、美乳が保てるよう努力しましょう。

イソフラボンは最強の味方!でも摂取量には注意

イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きをする栄養素です。女性らしい丸みのある身体を作るのも、乳腺の発達を刺激するのも、女性ホルモンがあってのことです。乳腺の発達は、周囲の脂肪量も増加にも関係するため、バストアップにおいて心強い味方となります。イソフラボンを摂取することは、同様の効果を得ることに繋がるのです。

イソフラボンが豊富に含まれる食材としては、大豆製品が有名です。豆腐や豆乳、納豆などを選ぶと良いでしょう。ただし、イソフラボンがバストアップに良いからと言って、際限なく摂取しても良いというわけではありません。過剰に摂取すると、ホルモンバランスが乱れ、体調を崩す可能性もあるためです。食材から摂取する、1日の目安量は、約75mgと言われています。サプリの場合は、目安量が異なるので注意してください。

まとめ

バストアップに効果的な栄養素を摂取できるよう、毎日の食生活に気を配ることは大切です。バストを構成するために必要な栄養素として、まずタンパク質を含んだ食材を摂りましょう。高タンパクで低脂肪の鶏のむね肉などは、カロリーを抑えることもできるのでおすすめです。

バストアップ後に美しい胸の形やハリを維持するためには、ビタミンとミネラルを含んだ食材を忘れずに摂取するようにしてください。乳製品や緑黄色野菜、レバー類などに豊富です。

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンは、バストアップの最強の味方です。大豆製品を中心にした食材を選びましょう。ただし、ホルモンバランスの乱れを防ぐために、摂取量の上限には注意が必要です。バストアップは、健全な食生活から!必要な栄養素をバランス良く食卓に並べてくださいね。

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品−若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう−」(外部サイト)

バストアップで積極的に摂取したい栄養素とは

バストアップに必要なものは、エクササイズやサプリメントだけはありません。効果が期待できる栄養素をバランス良く摂取することも大事です。バストを育てるためには、何を食べて、どのような栄養を摂れば良いのでしょうか。まとめてご紹介します。

まずはタンパク質を摂取すべし!

バストアップには牛乳と良く言われますが、あながち間違いではありません。牛乳に含まれるタンパク質は、体内に摂取されるとアミノ酸へと変化し、身体を形成する重要な成分となります。つまり、胸の成長にも直結する栄養素なのです。

また、タンパク質の不足は、筋肉が縮小する原因にもなります。脳や臓器の維持が優先されるため、筋肉から栄養を奪い補給することがあるからです。胸周りの筋肉が縮小した場合、バストのサイズダウンも考えられます。代謝も下がり、女性ホルモンの減少にも繋がります。

では、バストアップのためには、やはり牛乳を飲み続ければ良いのでしょうか?確かに、タンパク質が含まれている食材ではありますが、牛乳よりも優れているものは多くあります。魚介類や肉類、大豆製品などが、その最もたるものです。

肉類は、カロリーが心配かもしれませんが、鶏ささみのように脂肪が少ない部位もあるので大丈夫です。また、魚には抗酸化作用も期待できるので、積極的に摂っていきましょう。メインは肉と魚で、タンパク質を摂るよう心がけてください。牛乳や卵も、補助的な意味で食べて、バランスの良い食生活をおくってくださいね。

大豆イソフラボンにプエラリアも見過ごせない!

女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを摂取するために、取り込んでおきたい栄養素が、大豆イソフラボンとプエラリアです。女性の身体は妊娠時に女性ホルモンの分泌が上昇するため、乳腺が刺激され、バストが発達することになります。

世の中に、バストアップ法は星の数ほどありますが、ほとんどが妊娠時の身体の変化を参考にしていると言われています。それほど、女性ホルモンの働きとバストアップには、密接な関係があるのです。

大豆イソフラボンは、当然ながら大豆製品に豊富です。対してプエラリアは、タイを原産国としたマメ科の植物なので、食品として入手することは困難です。タイの国立農業大学で、特に品質が高いプエラリア・ミリフィカの生産法についての研究が行われていますが、今のところは、輸出が規制されています。摂取するためには、プエラリアが使用されたサプリメントに頼るほうが現実的です。大豆製品を取り入れた食生活と、プエラリアのサプリの両方を使い分けて、活用するのはいかがでしょうか。

ミネラルとビタミン摂取の合わせ技も有効!

身体の形成や代謝などで重要な役割を果たすミネラルは、人の体内では作り出すことができません。食事から摂取する必要があります。ミネラルが不足するということは、新たな細胞の生成が阻害されることに繋がるため、バストアップを目指すなら避けては通れない栄養素になります。効率良く摂取するためには、ただミネラルが豊富な食品を食べ続けるよりも、ビタミンとの組み合わせを考慮してみましょう。

例えば、鉄分や亜鉛といったミネラル類は、ビタミンCと非常に相性が良い栄養素です。レバーや牡蠣などの貝類に、さっとレモンを絞っていただくと、吸収率がアップします。大根もビタミンCが豊富なので、大根おろしを添えても美味しそうですね。

また、ビタミンB群の一種である葉酸も、細胞の分裂を活性化させる効果があります。胎児の成長に必要な成分なので、妊娠時に積極的に摂取したい成分です。バストアップにおいても、胸の成長をサポートしてくれます。葉酸は、緑黄色野菜に豊富なので、食卓にほうれん草のおひたしなども加えてみてください。バランスの取れた組み合わせに注意して、バストアップを狙いましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

話題のバストアップ成分!プエラリアとプエラリアミリフィカとは

バストアップのためのサプリメントに、必ずと言っていいほど含まれているのが、プエラリアです。亜熱帯地方に自生する植物の名前ですが、いくつかの種類に分かれています。ミリフィカとは、そんなプエラリアの種類の一つで、女性ホルモンに似た働きの成分が豊富だと言われています。

プエラリアと言っても千差万別

マメ科の植物であるプエラリアですが、根に特徴があります。大きく育つ根は、原産地のタイでは、薬としてだけではなく、食用としても扱われてきました。また、種類によって色が異なるという特徴もあります。赤、黒、白など、色合いはカラフルですが、特に白いプエラリアに注目が集まっています。「プエラリア・ミリフィカ」という名称を持っていて、ミロエストロールという成分が豊富なことで区別されているからです。

ミロエストロールは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと、よく似た働きをする成分です。大豆イソフラボンも同じ働きをすることで有名ですが、ミロエストロールの方がより効率的であると言われています。

そのため、生理不順や更年期障害などの症状改善に期待が寄せられるとともに、バストアップにも有効な成分として脚光を浴びるようになってきました。結果、プエラリア・ミリフィカは、バストアップの代名詞となりつつあるのです。

プエラリア自体にも有効成分はある

プエラリアは、大豆と同じマメ科の植物です。そのため、プエラリア自体も、バストアップに有効な成分であるイソフラボンを多く含んでいます。

しかし、エストロゲンに似た作用の効率性で言えば、プエラリア・ミリフィカに含まれているミロエストロールがより優秀であるとされています。この点が、プエラリアとプエラリア・ミリフィカの違いと言っても良いでしょう。

この優位性を保つために、原産国であるタイでの、プエラリア・ミリフィカの扱いは、慎重なものとなっています。輸出にも規制がかけられ、ブランドイメージを保つ努力がされています。国立農業大学での研究と生産が行われ、品質の保護にも余念がありません。

しかし、十分な薬効を得るためには、3年以上の樹齢を持ったものに限られてしまいます。野生のプエラリア・ミリフィカが希少となった今では、品質の良いものを入手するには注意が必要です。販売されるルートによっては、ミリフィカによく似たプエラリアが混入している可能性もあります。

バストアップサプリに必須なワケは

バストアップを目的としたサプリメントでプエラリア・ミリフィカが使用されるのは、含まれているミロエストロールが優秀だから!という一言に尽きます。植物性エストロゲンの摂取という面では、大豆イソフラボンよりも効率が高いためです。

女性ホルモンであるエストロゲンは、髪や肌質のアップなど、美容の面でも嬉しい効果を多くもたらします。ただし、体内で生産されるものは、時期によって生産量が大きく異なります。

例えば、出産前後は量が多くなるので、女性の胸が大きく成長します。豊富に生産されたエストロゲンが、女性の乳腺を刺激すると同時に、胸に栄養が集められるのでバストアップするのです。

しかし、出産以外の状態では、体内でエストロゲンの大量生産はあまり行われません。バストアップサプリを飲んで、効率的に植物性エストロゲンを体内に摂取するしかないのです。しかも、即効性はないため、長期間にわたって継続する必要があります。

より効果的にバストアップを目指すのであれば、マッサージや運動も同時に行なうと良いでしょう。成長の度合いには、個人差もあるので、じっくり取り組んでいくことをおすすめします。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

バストアップを停滞期で知っておきたいポイント

努力して目指すバストアップへの道のりですが、途中に、誰の前にも立ちはだかる大きな壁が存在します。いわゆる「停滞期」と呼ばれる時期です。毎日続けたマッサージも、望みを託したサプリメントも、「すべてが無駄だったのでは?」と囁いてくる恐ろしい時期です。しかし、原因を知ることで、抜け出す道筋を見つけることはできます。その方法をご案内したいと思います。

あなたの生活習慣は大丈夫?リズムの乱れが停滞期を招く

バストアップの成果が感じられないと思ったら、真っ先に生活習慣の乱れを疑ってみましょう。思い出してみてください。就寝は何時でしたか?夜更かしが続いていませんか?

睡眠時間の確保は、バストアップの最重要課題です。なぜなら、胸の成長に不可欠な女性ホルモンの分泌は、22時から2時の間に最も活発になるからです。十分な睡眠をとっていても、このゴールデンタイムから外れていては、効果はあまり望めません。さらに、睡眠時間が足りないと、血行も滞ってしまいます。ただでさえ少ない女性ホルモンが、乳腺に届かなくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

また、長時間座ったままの仕事が多い人や、エアコンの温度設定が低すぎる人も注意が必要です。運動不足と体の冷えを招き、血行を悪くしてしまいます。運動不足の人は、仕事の合間に、適度に体を動かす習慣をつけましょう。エアコンは、温度設定を見直すか、暖かい飲み物や上着などで冷えを改善するようにしてみてください。生活リズムを見直して、血行を整え、停滞期を抜け出しましょう。

ブラのサイズは大丈夫?ぴったりフィットで揺れを抑えて

ぴったりブラは、バストアップの基本です。いま身につけているブラは、サイズを計測して体に合わせたものでしょうか?胸周りに余裕があったり、逆にキツすぎたりしていませんか?

サイズに余裕があるブラは、胸を支えているクーパー線が伸びる原因になってしまいます。伸びたゴム紐が、たるんでしまうように、バストラインにも同じことが起こります。バストが固定されずに揺れ動くので、垂れてしまうのです。

逆に、きつすぎるブラも、カップやワイヤーに胸の脂肪が押されて、背中に流れていってしまう原因になります。また、バストの形が崩れるだけでなく、締め付けによって血行も妨げられてしまいます。乳腺への女性ホルモンの運搬も滞ってしまいますね。

停滞期対策に、お店でサイズを測って、ぴったりと胸にフィットする1枚を選ぶようにしましょう。女性は体重が数キロ変わるだけで、バストのサイズも変わるので、こまめに測ることが大事です。

惰性になってない?ポイントのおさらいでリフレッシュ

バストアップの停滞期の原因は、さまざまです。生活リズムを整えて、ブラのサイズを見直しても、抜け出せないと感じる人もいるでしょう。そんなときは、今まで励んできた、バストアップのポイントをおさらいしてみましょう。

人は慣れる生き物なので、同じ方法を繰り返していると、いつの間にか惰性で続けてしまうことがあります。そうなると、大事なポイントを外してしまって、効果が半減している可能性があります。もう一度、初心に返って、丁寧に進めてみてください。

また、バストアップのための刺激に、耐性がついてしまった可能性もあります。そんなときは、違うバストアップの方法で気分転換をしてみたり、思いきって休んでしまったりするのも一つです。

停滞期で成長が見られないと、いらいらが募り、ストレスからホルモンのバランスが崩れてしまうこともあるためです。一度立ち止まって、おさらいや気分転換でリフレッシュしてみましょう。

まとめ

バストアップの停滞期を抜け出すための道筋は、3つあります。生活リズムの見直しをすること、胸にフィットしたブラをつけること、そして、バストアップのポイントが惰性や慣れになっていないかチェックするということです。

以上に加えて、バストアップの時期には波があるということも覚えておきましょう。ピークは生理後から排卵前の時期です。

波が下がるのは、排卵後から生理中の時期となります。ホルモンのバランスが崩れやすく、分泌量も下がってしまうため、バストの成長には不向きな時期となります。体の準備を整える時期だと考え、規則正しい生活をおくるよう心がけましょう。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

バストアップで気をつけたい睡眠時のポイント

バストアップを目指すなら、起きている時間だけではなく、寝ている時間も大切にしましょう。寝るときの姿勢一つでも、大きな意味を持ちます。夜は女性ホルモンの分泌が活発になる時間で、睡眠中の22時から2時ごろが最も多いと言われています。寝方を改善することは、美しくバストアップすることにも繋がります。効果的な寝方と、ナイトブラの使用についてチェックしてみましょう。

うつ伏せ?仰向け?バストに良いのはこの姿勢

まず、寝ているときの姿勢について振り返ってみてください。どの方向を向いて寝ていることが多いでしょうか。好みの姿勢は人それぞれですよね。しかし、横向きやうつ伏せで寝ることが多い人は注意が必要です。

実は、最もバストに負担をかけるのは、うつ伏せの姿勢なのです。バストが体の重さにつぶされて血行が悪くなり、成長が阻害されてしまいます。横向きの姿勢も、胸が片方に流れていってしまうため形が崩れる恐れがあります。

最もバストに負担をかけないのは仰向けの姿勢です。理由はバストが体に圧迫されないので、血行が滞る心配がないことにあります。また、呼吸がしやすくリラックスできることも挙げられます。どちらも、女性ホルモンの分泌や運搬に必要な要素だからです。うつ伏せや横向きで寝る人は、バストのためを思って、仰向けで寝るようにしてみませんか。

オススメ!ナイトブラで型くずれ防止

いくら仰向けで寝るように注意していても、睡眠中は、知らず知らずのうちに寝返りをうってしまうこともありますよね。そんなときに胸の型くずれを防止してくれるのが、ナイトブラです。通常のブラジャーとは違って脇部分が高めになっているので、バストの流れをホールドしてくれる働きがあります。

また、心地よく眠れること専用に作られているため、昼間に使用するブラジャーのような圧迫感や窮屈感がありません。通常のブラで寝てしまうと、ズレなどの違和感で睡眠の質が落ちるばかりですが、ナイトブラなら安心感に包まれるのでリラックスして眠ることができます。

バストのことを思うなら、寝るときは、昼間につけるブラジャーで代用しないようにしましょう。逆に血行が圧迫されて、バストに負担がかかってしまいます。自分に合ったナイトブラを探して、型くずれから守ってあげましょう。

睡眠の質そのものにもこだわって

上質な眠りを確保することは、バストアップへと繋がっています。バストの成長に不可欠な女性ホルモンの分泌が、夜の睡眠時間中に活発になっていることには、もう触れましたね。女性ホルモンには、女性らしい丸みを生み出す働きがあります。分泌が活性化されることで、乳腺も刺激を受けます。その結果、ふっくらとしたバストへ成長するのです。

しかし、睡眠時間が足りない人や、睡眠の質が悪い人の場合は、女性ホルモンの分泌に問題が生じてしまいます。睡眠時間を確保することに加えて、ベッドメイキングもこだわりの寝具を揃えみませんか。質の向上が図れますよ。

ほっとする手触りのシーツ、心地よいベッドの硬さ、安眠できる高さの枕など工夫できる部分はたくさんあります。寝る前のスマホは目が冴えるので避けましょう。ホットミルクを飲むと気持ちの良い眠りを招くことができますよ。

まとめ

昼間にバストアップに励むなら、夜の間も油断せずに過ごしましょう。女性ホルモンの分泌を阻害しないように、姿勢や寝方に気を配ると、昼間の頑張りも結果が出やすいのではないでしょうか。

おすすめの姿勢は仰向けに寝ることです。無意識に寝返りをうってもバストの形が守れるように、自分に合ったナイトブラも使用してみましょう。また、最低7時間以上の睡眠時間も確保しておきたいものです。うっかり電気のつけっぱなしで眠っても、睡眠の質が悪くなるので注意してください。

使用する寝具などにもこだわってみると、さらに質の良い眠りが約束されます。眠っている間にも、着実に理想の美乳に近づく準備ができるので、ぜひ寝方を改善してみてくださいね。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

運動を取り入れて効果的にバストアップ!

バストのボリュームアップを目指すには、胸の筋肉を鍛えるべし!こんなウワサを聞いたことはありませんか。意外に思うかもしれませんが、エクササイズを通して大胸筋を鍛えれば良いという説は、多くの人に支持されています。なぜ筋トレがバストアップに繋がるのか?その理由と、胸を育てるのに有効な運動の方法をご紹介します。

何事も土台作りがミソ!運動と美乳の関係とは

しっかりしたものを作りたいのであれば、何よりも土台が肝心!これはバストアップに関しても同じことが言えます。運動で胸の土台部分を鍛えれば良いのです。バスト部分の土台となるのは、大胸筋と言われる筋肉です。乳房自体は、90%の脂肪と10%の乳腺組織によって構成されていますが、大胸筋にはこれらを支える役割があります。

ただし、意識して運動しなければ鍛えることができない筋肉なので、放置すると胸のたるみの原因となります。ハリがなく、下がった印象を与えるので、回避したいのであれば運動を取り入れると良いでしょう。

筋トレで脂肪が増えることはありませが、筋肉の層を厚くすることで、ふっくらハリのあるバストに近づけることは可能です。「ボリュームが少ない」「たるんできた」「広がって見える」、こんな胸のお悩みを抱える方は、大胸筋を意識した運動をしてみましょう。

特別な準備はいらない!バストアップには腕立て伏せ

特別な器具を使わず、気軽に始めることができる運動と言えば、腕立て伏せです。体を伸ばしてうつ伏せになれる場所があれば良いので、スペースの心配もいりません。

大胸筋は、主に「上部・下部・内側・外側」の4つで構成されています。バストアップのために鍛えたいのは、上部と内側です。腕立て伏せを行うときは、この部分の筋肉の動きを意識するようにしましょう。

まず、手を肩幅よりも少しだけ広めに開き、床につけます。体を持ち上げるときは、体に対して垂直に力を入れるようにしましょう。指先を少し内側に向けることで、筋肉の動きも内側に集中させることができます。

体を持ち上げるほど筋力がない場合は、膝を床につけた状態で行ってみましょう。それでも厳しいと感じたら、壁を使って、立ちながら行ってみてください。急がず、ゆっくりと深呼吸しながら進めると効果的です。上下部分も鍛えたいときは、腕を前後に置く形にしてみてくだいね。

さらに効率良く!ダンベルでバストアップ運動

今では100均でも手軽に購入できるダンベル、これがあればバストアップの運動をさらに効率良く行なうことができます。

筋トレは、可動域を多くとるほど効果が上がると言われています。例えば、ダンベルを両手に持ってベンチに仰向けになる、ベンチプレスです。曲げ伸ばしをする点は、腕立て伏せと同じですが、上に突き伸ばす動きで可動域が広くなっています。

さらに可動域を多くとりたいのであれば、ベンチの上でダンベルを持った両手を、弧を描くように横に広げるダンベルフライがおすすめです。また、ベンチの変わりにバランスボールの上で体を斜めにして行なうと、より効率がアップします。

ペットボトルでも代用できますが、できればきちんと持てるダンベルを使ってみてくださいね。また、いたずらに重さを増やしても危険なので、自分に見合った重量で始めるようにしましょう。

まとめ

筋トレでバストアップを目指すなら、忘れてはいけないのが食事です。バストの筋肉を育てるための栄養が不足していては、せっかくの運動も効果が半減してしまいます。また、規則正しい睡眠時間も確保しておきましょう。美しい胸には、正しい生活習慣が不可欠です。

筋トレをしていて、効果があまり感じられないと思ったら、筋肉の動きに意識を集中しているか、確認してみてください。テレビを見ながら、明日のことを考えながら、といった「ながら作業」になっていないでしょうか。

ただ単に運動するのではなく、大胸筋を意識して一つ一つの動きを丁寧にトレースしていきましょう。日常生活だけでは、全く使うことがない大胸筋は、鍛えるのに努力が必要です。しかし、努力に見合った結果は伴います。運動で、年齢による衰えや重力に負けない、ふっくらバストを作っていきましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

美容とバストアップを目指すならお風呂が重要

バストのサイズはDNAで全てが決まる!?そんなことはありません。確かに、生まれながらにアドバンテージを持っている人はいます。しかし、後天的にバストアップできる希望は十分にあります。

体型でさえ、不摂生が祟ると崩れてしまうのです。逆に考えると、体型の維持やコントロールは、毎日の努力しだいとも言えます。胸だって体型の一部なのですから、効果の範囲内です。お風呂は、日常的にバストアップ活動がしやすい場所なので、無駄にせず活用しましょう。

バストアップにお風呂が有効なワケ

お風呂が与えてくれる恩恵の一つが、リラックス効果です。湯船に浸かると、一気に体の強張りがとけて、誰でも一息つける状態になります。この状態を長く保てることが、バストアップの秘訣に繋がるのです。人の体はリラックスすることで、自律神経の副交換神経を優位に持っていくことができます。それは、バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌を促進させることになります。

また、お風呂に入るために生まれたままの姿になることも、分泌を活性化させるので相互効果も上がります。不思議に感じるかもしれませんが、体の魅力を引き出して子孫の繁栄に繋がるよう、女性の脳が指示を出しているのだと言われています。

お風呂に入るという行動をおこすことは、ダブルの効果でバストアップの準備が進められるということです。体内の準備が整う入浴タイムに、バストアップのためのアレコレを実践してみてくださいね。

浮力を活かしてエクササイズ!ふっくらバストを作ろう

バストアップのための実践と言えば、ダンベルを利用した筋トレがありますね。胸の土台の筋肉を鍛えることで、厚みをアップさせる試みです。しかし、筋トレには落とし穴があります。それは、疲労からくるコリによって、硬く収縮した筋肉になってしまうことです。血行不足で乳酸が溜まり、硬くなってしまうのです。バストアップは嬉しいですが、収縮した胸筋がほしいわけではありませんよね。

そこで登場するのがお風呂です。湯船の中で両腕を前に伸ばし、横に開いたり閉じたりしてみてください。水の抵抗で、負荷はかかりますが、浮力を得ることによって乳酸の分泌を抑えることができます。

よく水泳選手の筋肉は柔らかいと聞きますが、同じ理由によるものなのかもしれませんね。お風呂なら血行も促進してくれるので、エクササイズもしやすいと思います。ふっくら柔らかなバストを目指して頑張りましょう。

お風呂上がりも美乳の時間!より体をほぐそう

ほっこり湯船に浸かって温まった体は、血行が促進されている状態にあります。そんなお風呂上がりの時間は、マッサージやストレッチを行って、より体をほぐしていくチャンスです。

特に肩甲骨の周りを重点的に行なうことが、バストアップ的にも大きな意味を持ちます。なぜなら、血行やリンパの流れが滞りやすい場所だからです。ここをほぐすことによって流れが正常に戻り、分泌された女性ホルモンも、スムーズに胸まで届くようになります。

また、血行の流れが悪いと猫背気味になってしまいますが、ほぐすことによって正しい姿勢に戻りやすくなります。こちらも、バストを美しく見せるための大事なポイントです。お風呂の中でのエクササイズに加えて、マッサージなどを行えば、期待できる効果も増していくことでしょう。

まとめ

バストアップにお風呂が良いとされる理由は、リラックス効果や血行促進効果だけではありません。何よりも注目したいのは、継続性に優れているという点です。どんなに良いマッサージやエクササイズでも、単発的に行なうだけでは効果は得られません。

そこで、毎日確実に行なう入浴を利用して、やる気スイッチの一つにするのです。「お風呂に入る=運動する」という方程式は、整えやすいのでおすすめです。手軽にできて、汗も流せる理想の場所ですね。

また、鏡があることから、バストの変化も確認しやすいというメリットもあります。ただゆったりとお風呂に浸かっているだけでは、もったいないと思いませんか?バストアップの実践がしやすい入浴タイムは、徹底活用あるのみです。

国民生活センター「 美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品−若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう−」(外部サイト)

いつもの飲み物を変えてバストアップ?バストアップ効果のあるお茶3選

バストアップを図りつつ美乳を目指したい。そう思うのであれば、食事の栄養バランスを考慮することが大切です。しかし、忙しい現代社会、バランスの良い食事を常に摂取できるとは限りません。そこで注目したいのが、飲み物による摂取です。バストアップに良いと言われるお茶は、どれなのか?その栄養成分と効果は、どのようなものなのか?まとめてみたいと思います。

美乳のヒミツは黒!女性ホルモンと抗酸化の黒豆茶

黒大豆を原料とした黒豆茶には、バストアップに欠かせない、ある成分が豊富に含まれています。大豆イソフラボンと呼ばれる、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをする成分です。女性らしい体の丸みを生み出すために不可欠な女性ホルモン、もちろんバストだって無関係ではありません。ふっくらとしたボリュームを持たせるために、確保しておきたい成分です。

また、吸い込まれるような黒紫の黒豆の皮には、アントシアニンという成分が隠されています。抗酸化作用が期待できる成分で、老化の原因となる活性酸素を減らす効果があります。アンチエイジングで、キメが細かくハリのある肌を維持しましょう。黒豆のままだと、量を食べるのは難しいですが、お茶であれば問題ありません。

美乳の定義は、ボリュームだけではなく見た目にも及びます。女性ホルモンと抗酸化作用を合わせ持つ黒豆茶で、どちらもしっかりゲットしておきたいものです。

女性に嬉しい効果ばかり!鮮やかな紅のルイボスティー

美容茶の代名詞とも言えるルイボスティーですが、その本領はバストアップでも発揮されます。原産地の南アフリカで赤い茂みを意味するルイボスは、多くのビタミンやミネラル類を含むだけでなく、女性ホルモンの分泌も促してくれます。ホルモンの分泌は、乳腺の発達にもつながるので、バストアップ効果が期待できるということです。

ルイボスティーの薬のような臭いが苦手という人もいますが、最近ではフレーバーつきの製品もあるので心配はありません。ルイボスには精神的にリラックスさせる効果もあるので、ストレスによる女性ホルモンの乱れを抑えることにも期待大です。

さらに、抗酸化作用でアンチエイジング、豊富なビタミンやミネラルで美肌ゲット、デトックス効果でむくみ改善と、女性に嬉しい効果が続きます。鮮やかな紅い色も、視覚的に美しく、楽しみながらバストアップを目指せるお茶ですね。

緑のお茶は飲むサラダ!マテ茶で野菜成分補給

綺麗にバストアップを目指すには、数多くのビタミンやミネラルを摂取する必要があります。特に、野菜なくしては、これらの成分をとりこんで美しいバストに変換することは叶いません。しかし、一日に食べられる野菜の量や種類には限度があります。また、それだけのものを準備することは大変ですし、野菜が苦手で食べることが難しい場合もあるでしょう。

不足しているビタミンやミネラルを補える可能性があるもの、それが飲むサラダの異名を持つマテ茶です。ビタミンは「A・C・E・B群」完備、ミネラルは「カルシウム・マンガン・鉄分・マグネシウム・亜鉛・その他」と豊富です。

南米原産のモチノキ科のお茶で、肉食中心の南米人が野菜の代わりに飲むとも言われています。南米美人の豊かな胸のヒミツはもしかして!?と、うがってしまいますね。日本人に不足しがちな栄養成分も多いので、マテ茶で補給しつつ、バストアップを試みてはいかがでしょうか。

まとめ

バストアップ効果が期待できる、おすすめのお茶は、黒豆茶、ルイボスティー、マテ茶の3つです。お茶の利点は、一度準備さえしておけば、いつでも手軽に摂取できるという点です。仕事や家事の合間に一服、水筒を使って外出先で一口と、汎用性が高いので便利です。

食事だと、このような頻度で摂取することはできませんね。お茶であれば、自然と摂取量も多くなることでしょう。食事とは、また違った方法で、栄養成分を補給するために活用してみてください。バストのボリュームアップと美しさを整えるためのお茶3種、あなたの好みに合うのは、どの一杯になるでしょうか。

厚労省「 プエラリア・ミリフィカを含む健康食品に関するQ&A」(外部サイト)

Top