運動を取り入れて効果的にバストアップ!

バストのボリュームアップを目指すには、胸の筋肉を鍛えるべし!こんなウワサを聞いたことはありませんか。意外に思うかもしれませんが、エクササイズを通して大胸筋を鍛えれば良いという説は、多くの人に支持されています。なぜ筋トレがバストアップに繋がるのか?その理由と、胸を育てるのに有効な運動の方法をご紹介します。

何事も土台作りがミソ!運動と美乳の関係とは

しっかりしたものを作りたいのであれば、何よりも土台が肝心!これはバストアップに関しても同じことが言えます。運動で胸の土台部分を鍛えれば良いのです。バスト部分の土台となるのは、大胸筋と言われる筋肉です。乳房自体は、90%の脂肪と10%の乳腺組織によって構成されていますが、大胸筋にはこれらを支える役割があります。

ただし、意識して運動しなければ鍛えることができない筋肉なので、放置すると胸のたるみの原因となります。ハリがなく、下がった印象を与えるので、回避したいのであれば運動を取り入れると良いでしょう。

筋トレで脂肪が増えることはありませが、筋肉の層を厚くすることで、ふっくらハリのあるバストに近づけることは可能です。「ボリュームが少ない」「たるんできた」「広がって見える」、こんな胸のお悩みを抱える方は、大胸筋を意識した運動をしてみましょう。

特別な準備はいらない!バストアップには腕立て伏せ

特別な器具を使わず、気軽に始めることができる運動と言えば、腕立て伏せです。体を伸ばしてうつ伏せになれる場所があれば良いので、スペースの心配もいりません。

大胸筋は、主に「上部・下部・内側・外側」の4つで構成されています。バストアップのために鍛えたいのは、上部と内側です。腕立て伏せを行うときは、この部分の筋肉の動きを意識するようにしましょう。

まず、手を肩幅よりも少しだけ広めに開き、床につけます。体を持ち上げるときは、体に対して垂直に力を入れるようにしましょう。指先を少し内側に向けることで、筋肉の動きも内側に集中させることができます。

体を持ち上げるほど筋力がない場合は、膝を床につけた状態で行ってみましょう。それでも厳しいと感じたら、壁を使って、立ちながら行ってみてください。急がず、ゆっくりと深呼吸しながら進めると効果的です。上下部分も鍛えたいときは、腕を前後に置く形にしてみてくだいね。

さらに効率良く!ダンベルでバストアップ運動

今では100均でも手軽に購入できるダンベル、これがあればバストアップの運動をさらに効率良く行なうことができます。

筋トレは、可動域を多くとるほど効果が上がると言われています。例えば、ダンベルを両手に持ってベンチに仰向けになる、ベンチプレスです。曲げ伸ばしをする点は、腕立て伏せと同じですが、上に突き伸ばす動きで可動域が広くなっています。

さらに可動域を多くとりたいのであれば、ベンチの上でダンベルを持った両手を、弧を描くように横に広げるダンベルフライがおすすめです。また、ベンチの変わりにバランスボールの上で体を斜めにして行なうと、より効率がアップします。

ペットボトルでも代用できますが、できればきちんと持てるダンベルを使ってみてくださいね。また、いたずらに重さを増やしても危険なので、自分に見合った重量で始めるようにしましょう。

まとめ

筋トレでバストアップを目指すなら、忘れてはいけないのが食事です。バストの筋肉を育てるための栄養が不足していては、せっかくの運動も効果が半減してしまいます。また、規則正しい睡眠時間も確保しておきましょう。美しい胸には、正しい生活習慣が不可欠です。

筋トレをしていて、効果があまり感じられないと思ったら、筋肉の動きに意識を集中しているか、確認してみてください。テレビを見ながら、明日のことを考えながら、といった「ながら作業」になっていないでしょうか。

ただ単に運動するのではなく、大胸筋を意識して一つ一つの動きを丁寧にトレースしていきましょう。日常生活だけでは、全く使うことがない大胸筋は、鍛えるのに努力が必要です。しかし、努力に見合った結果は伴います。運動で、年齢による衰えや重力に負けない、ふっくらバストを作っていきましょう。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

Top