バストアップで気をつけたい睡眠時のポイント

バストアップを目指すなら、起きている時間だけではなく、寝ている時間も大切にしましょう。寝るときの姿勢一つでも、大きな意味を持ちます。夜は女性ホルモンの分泌が活発になる時間で、睡眠中の22時から2時ごろが最も多いと言われています。寝方を改善することは、美しくバストアップすることにも繋がります。効果的な寝方と、ナイトブラの使用についてチェックしてみましょう。

うつ伏せ?仰向け?バストに良いのはこの姿勢

まず、寝ているときの姿勢について振り返ってみてください。どの方向を向いて寝ていることが多いでしょうか。好みの姿勢は人それぞれですよね。しかし、横向きやうつ伏せで寝ることが多い人は注意が必要です。

実は、最もバストに負担をかけるのは、うつ伏せの姿勢なのです。バストが体の重さにつぶされて血行が悪くなり、成長が阻害されてしまいます。横向きの姿勢も、胸が片方に流れていってしまうため形が崩れる恐れがあります。

最もバストに負担をかけないのは仰向けの姿勢です。理由はバストが体に圧迫されないので、血行が滞る心配がないことにあります。また、呼吸がしやすくリラックスできることも挙げられます。どちらも、女性ホルモンの分泌や運搬に必要な要素だからです。うつ伏せや横向きで寝る人は、バストのためを思って、仰向けで寝るようにしてみませんか。

オススメ!ナイトブラで型くずれ防止

いくら仰向けで寝るように注意していても、睡眠中は、知らず知らずのうちに寝返りをうってしまうこともありますよね。そんなときに胸の型くずれを防止してくれるのが、ナイトブラです。通常のブラジャーとは違って脇部分が高めになっているので、バストの流れをホールドしてくれる働きがあります。

また、心地よく眠れること専用に作られているため、昼間に使用するブラジャーのような圧迫感や窮屈感がありません。通常のブラで寝てしまうと、ズレなどの違和感で睡眠の質が落ちるばかりですが、ナイトブラなら安心感に包まれるのでリラックスして眠ることができます。

バストのことを思うなら、寝るときは、昼間につけるブラジャーで代用しないようにしましょう。逆に血行が圧迫されて、バストに負担がかかってしまいます。自分に合ったナイトブラを探して、型くずれから守ってあげましょう。

睡眠の質そのものにもこだわって

上質な眠りを確保することは、バストアップへと繋がっています。バストの成長に不可欠な女性ホルモンの分泌が、夜の睡眠時間中に活発になっていることには、もう触れましたね。女性ホルモンには、女性らしい丸みを生み出す働きがあります。分泌が活性化されることで、乳腺も刺激を受けます。その結果、ふっくらとしたバストへ成長するのです。

しかし、睡眠時間が足りない人や、睡眠の質が悪い人の場合は、女性ホルモンの分泌に問題が生じてしまいます。睡眠時間を確保することに加えて、ベッドメイキングもこだわりの寝具を揃えみませんか。質の向上が図れますよ。

ほっとする手触りのシーツ、心地よいベッドの硬さ、安眠できる高さの枕など工夫できる部分はたくさんあります。寝る前のスマホは目が冴えるので避けましょう。ホットミルクを飲むと気持ちの良い眠りを招くことができますよ。

まとめ

昼間にバストアップに励むなら、夜の間も油断せずに過ごしましょう。女性ホルモンの分泌を阻害しないように、姿勢や寝方に気を配ると、昼間の頑張りも結果が出やすいのではないでしょうか。

おすすめの姿勢は仰向けに寝ることです。無意識に寝返りをうってもバストの形が守れるように、自分に合ったナイトブラも使用してみましょう。また、最低7時間以上の睡眠時間も確保しておきたいものです。うっかり電気のつけっぱなしで眠っても、睡眠の質が悪くなるので注意してください。

使用する寝具などにもこだわってみると、さらに質の良い眠りが約束されます。眠っている間にも、着実に理想の美乳に近づく準備ができるので、ぜひ寝方を改善してみてくださいね。

厚労省「プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の取扱いについて」(外部サイト)

Top